味噌ラーメンに合う麺はコレ!オススメNB麺4つ
2020.3.6

今回は味噌ラーメンにオススメの麺をご紹介します!
太陽製麺の製麺所でつくっているNB商品には味噌ラーメンに合う麺もたくさんラインナップしているので、色々な特徴の麺から探していただければと思います。


味噌ラーメンのメインはもっちり系中華麺


一般的に味噌ラーメンというと、黄色い色の太めのちぢれ麺…という方も多いのではないでしょうか?
クチナシやビタミン系の色粉を使って黄色い色味が強い麺もやはり多くありますし、基本的に加水率が高いモチモチ・もっちりした麺が基本的な特徴になります。
特徴の違う味噌ラーメンにオススメの麺をご紹介していきます!

TS味噌:スープにまろやかさと甘みを加える麺!

こちらの生地は茹でると少し溶け出すようになっていて、麺をスープに入れるとスープに重みや甘みが出るようになるのが大きな特徴です。溶け出しのある麺はスープにまろやかさを与えるのが特徴なので、これによって味噌ラーメン自体がまろやかで甘味がある味わいになります。
お年寄りからお子様まで幅広い年代の方にも食べやすい麺で、名前にもあるように味噌ラーメンにとてもオススメです!

生中華麺 H味噌:北海道みそらしい黄色いちぢれ麺!

北海道ラーメン特有の黄色くてゴワゴワしたような麺になっているのが生中華麺 H味噌。
札幌味噌ラーメンと聞くとやっぱり黄色い麺を思い描く人が多いのではないでしょうか?このH味噌という麺はまさにそのイメージ通りの麺だと言えます。
パンチのある味噌ラーメンを作りたい時や、濃厚でコクのある味噌のスープに対して食感がほしいという場合はこちらの麺がオススメです!
先ほどのTS味噌もH味噌も16番(1.88mm)の中太麺ですが、ひと玉の重量はH味噌の方が5g多い155gになっています。

C平:コシのしっかりした太麺ならコレ!

こちらのC平という麺は幅広でコシがあり、小麦の味も楽しむことができるのが特徴です。
14番(1.36mm)と太麺で、味噌ラーメンや鶏白湯・ごま担々麺などの濃厚なラーメンの麺としてよく使われています。
濃いめのスープに合うということで、家系のような濃厚豚骨醤油にもすごく合う麺ですよ!

SW:バランスの良い中太ちぢれ麺!

生中華麺 SWは加水率が37%と高く、黄色い色粉を入れた黄色い麺でもっちりとしているのが特徴です。黄色い麺はクチナシなどで色をつけていて、昔ながらの製法で作られています。
20番(1.50mm)は麺の太さの中でも真ん中くらいの太さですが、SWは中太ちぢれ麺で味噌ラーメンにとっても良く合う麺になっています。

まだまだあります!味噌ラーメン向けオススメ麺

この他にも味噌ラーメンにオススメの麺がまだまだございます!
基本的には加水率高めの商品ですが、風味やコシ感などそれぞれの麺で特徴が異なっています。
「こんな麺がいいな」というご希望がありましたら、いつでもお声がけください!

もっちり感高めの中太麺!

やや細の食感重視麺!

インパクトありの太麺!

モチモチが好まれるのが味噌ラーメン


こってり系かあっさり系かによってもマッチする麺は変わってきますが、やはり味噌ラーメンによく使われているのはモチモチ系の麺。
とけだしがある麺など、まろやかさや風味の良い麺も好まれています。
それぞれの麺によってラーメンの印象が変わりますので、ぜひ色々な麺を検討してみてください!