麺の良さはもちろんですが、人の良さも半端ないところが本当に信頼できます!
らーめん 泉鳥白湯

森 店主さま

Interview No. 3
1玉40円からの製麺所:HOME > お客様インタビュー > らーめん 泉鳥白湯さんインタビュー様インタビュー

Q.お付き合いがはじまったきっかけは?

A
2012年の4月に名古屋駅の目の前に12店舗の居酒屋街ができるという企画が立ち上がって、そのプロジェクトに自分も参画していました。居酒屋を1店舗出店するのは決まっていましたが、12店舗で全部で400席くらいあるお店の中にラーメン屋さんが一軒あったほうがいいと思って企画立案をして、その時はラーメン業界はやった事がなかったので、そこで製麺屋さんを探した時に『株式会社太陽食品』さんに出会いました。
全くノウハウがないところで『太陽食品』さんに出会って麺の話を聞きながらそのプロジェクトの話をしていく中で、永田社長にどんどん提案を頂けました。
本当に素人の状態だったので、そこから一緒に作って下さいというお願いをして全部聞いていただいて、一軒の店が出来上がっていきました。半年くらいで一軒の店ができあがりました。

Q.数ある製麺所の中でなぜ『太陽食品』?

A
もう他の製麺所さんにお願いするという考えは全くなかったです。ご縁をいただいたのが『太陽食品』さんだったので、『太陽食品』さん一本で。他の製麺所さんの話を聞くとかも無かったです。
1番最初に話させてもらった永田社長から「任せてください!」という力がすごく伝わってきたので。
今でも覚えてます。長めのスーツを着ていて。地下の店で打ち合わせだったんですけど、階段を降りてきて、僕もそこで初めて会いました。1時間くらい話をして、どんどん引き込まれていく自分がいました。
ラーメン業界はやった事がなかったので0から色んな知識を全部教えていただきました。今があるのは永田社長に出会ったその瞬間から始まって、今のように店舗展開させてもらうようになるきっかけの時だったと思います。

Q.ここがいい!というポイントは何?

A
他の製麺屋さんとお付き合いがないのでわからないんですが、お酒やお肉や野菜など色々な業者さんとのお付き合いがある中で、『太陽食品』さんの永田社長の1番最初のインパクトと説明と説得力に引き込まれたのが1番ですね。
それから営業担当の和田さんに引き継がれても、気持ちがちゃんと受け継がれているのがよくわかるんです。僕も自分で店をやっていて、自分の気持ちを店長が引き継いでくれてるか、バイトの子はどうだろうとかいう部分で苦労していますが、そういった点で永田社長の思いを持って営業担当の人がお店を見てくれていると思います。それに対してうちの店長たちとやりとりをして密な関係を築く事ができているというのが1番じゃないかなと思います。
もちろん製品もいいんですが、僕はまずは『人』です。
誰が作るのか、誰が売るのかというのが大事だと思っているので。「何を」よりも「誰が」が大事だと思って会社をやっているので、その点が一緒なんだなと感じています。
もちろん麺のこだわりがあって、僕がこうゆう麺がいい、ああゆう麺がいいという事を伝えると、すぐにサンプルを出してくれたりと対応が非常に良いです。ケアがとても良いなと感じます。100%信頼して仕事をさせてもらってますね。

Q.店舗展開のお役に立てましたか?

A
1番最初のきっかけを頂いたのが『太陽食品』さんですし、本当に未熟なところからスタートしてラーメン業界が初めてという中からラーメン業界というのを深く教えてくれたのは『太陽食品』さんだなと思います。
また、『太陽食品』さんは、いろいろなラーメン屋・つけ麺屋さんを中心に多くの飲食店さんとお取引されているんで、いろんな事を時には厳しく教えてもらいました。ラーメンを実際に食べてもらって「ここが良くないよ」とか意見もいただきましたし、本当に『太陽食品』さんのおかげだと思ってます。

Q.他のラーメン屋さんにおすすめできる?

A
他の製麺屋さんを知らないんですが、製品のクオリティに自信を持っています。さらにそこに『人』の良さが乗っかってるのが1番だと思います。
麺という商品力にマンパワーが加わっているのが伝わってきます。お取引をする中で、営業の方も事務の方も、工場に行けば作っている方もたくさんいらっしゃって、僕も工場に行行ったことがありますが、一体となってお客さまの為にやっているのが感じられるんです。そこが『太陽食品』さんの1番の魅力だと思います。
だから、他のお店と仲良くなられちゃったらちょっと嫌だな。笑
ヤキモチ妬いちゃいますね。できるならウチとだけにして欲しいくらいですよ!それくらいおすすめです!
製麺に関する
お問い合わせはこちら
>
ラーメンスープのPB
に関するお問い合わせはこちら
>
他のお客様インタビューはこちらInterview